エルセーヌの口コミ情報

エルセーヌ 口コミ.com > 家庭でできる脱毛法

家庭でできる脱毛法

スポンサードリンク

脱毛 剤は自分にあわせて選ぼう!!




脱毛剤には、脱毛クリーム脱毛テープ脱毛ワックスなどの
除毛剤抑毛剤とがあります。


脱毛剤は簡単にむだ毛を処理できますが、肌の表面を痛めやすいので、
肌荒れやかぶれに注意が必要です。


脱毛クリームは、
アルカリ性のクリームを使用して毛を溶かすものがほとんどです。
痛みが少なく簡単に脱毛できる一方で、
肌の弱い人はかぶれやすく、すぐに毛が生えてきます


脱毛テープは、テープになっていて、
脱毛したい箇所に貼ってはがす方法で、


脱毛ワックスは、ワックスを脱毛したい箇所に貼って
むだ毛と一緒にはがす方法です。


これらの方法では、毛を毛根から処理できる一方で、
埋没毛の原因になることもあります。


また、抑毛剤は
毛の成長を抑制させることで、毛を細くして少なくするものです。


一昔前に流行した豆乳ローションも抑毛剤の一種です。
豆乳に含まれている大豆イソフラボンが女性ホルモンと
同じような働きをすることを利用した抑毛剤です。


肌にやさしい天然成分なので、肌の弱い人にもオススメの脱毛剤のようですよ。

脱毛 ワックスを使って脱毛する




ワックスを使って脱毛する方法があります。
脱毛専用のワックスを温めて溶かし脱毛したい箇所に塗って、
ワックスが固まったら一気に剥がす方法
です。


また、ワックスのついたシートを肌に貼って、
一気に剥がす方法があります。


一気に広い範囲を脱毛することができますが、
痛みが強いのが難点です。
個人差がありますが、かなりの痛みを伴う場合が多いようです。


ワックスを剥がす際には、皮膚へのダメージが大きく、
赤く腫れたりかぶれたりすることがあります。


ひどい場合には、内出血してしまうこともあるようです。
脱毛後のケアをしっかりするようにしましょう。


脱毛ワックスを使うと、毛根から抜くことができるので、
しばらくはツルツルの状態になります。


しかし、永久脱毛ではなく毛根部はそのままなので、
しばらくすればまた毛が生えてきます。


上手く脱毛できない時には、
毛が途中で切れて皮膚に埋まってしまう埋没毛になってしまったり、
鳥肌のようになってしまったりすることもあるので、注意が必要です。

家庭用レーザー脱毛機




最近の脱毛の主流はレーザー脱毛です。
業務用のレーザー脱毛は医師にしか行うことができません。


しかし、家庭でもレーザー脱毛ができるように開発された
レーザー脱毛機が登場するようになってきました。


インターネットなどでレーザー脱毛機を検索してみると、
多くのレーザー脱毛機が検索されます。


どのレーザー脱毛機も、専門家の研究成果や臨床データを基にしており、
家庭で安心して使用することができるように設計されています


レーザー脱毛機を使用すれば、
他の脱毛方法に比べて簡単に安全に脱毛することができます。
ケアの回数も少なくてすみます。


最近では、美顔機の機能もついていたり、
自宅のTVにつなげてむだ毛をTV画面に映して脱毛ができたりする

レーザー脱毛機も現れ始めました。


気になるレーザー脱毛機のお値段ですが、
25000〜50000円程度が主流のようです。


エステや医療機関でレーザー脱毛することと比べると、
かなりリーズナブルな方法ですね。